病院で保険が利く場合と利かない場合の違い

保険外負担の医療費請求書
病院の治療でも、すべて保険が利くわけではありません。
保険が利く場合と利かない場合があります。
保険が利いて、健康保険で大半を払ってくれるものを保険診療といいます。
保険が利かないときは、自由診療といいます。
自由診療の料金は、医療機関が自由に決めることができます。
保険が利かないため、全額患者の自己負担となります。
自由診療とは、例えば、自然分娩や美容整形、健康診断や歯列矯正、マッサージなどが挙げられます。
ひとつの病気の治療に、保険診療と自由診療を混合させることは混合診療とよばれ、現在日本では禁止されています。
保険が利かない治療を受けるときに、同時に本来なら保険の利く治療や検査を受けても、すべてが自由診療になり、全額自己負担をしなければならなくなるのです。
これは、混合診療が、お金にゆとりのある人が高度な治療を受けることができ、そうでない人は自分の財力に応じた治療しか受けられないことにつながる危険があるからこそ、禁止されているのです。
国民皆平等に医療を受けられる、という日本の保険の制度を守る観点からも大事なことなのです。
ただ、国が特定療養費として認めた、差額ベッド代や高度先進医療など12分野については、混合診療ができます。
病院での治療が、すべて保険が利くというわけではないので、注意したいところです。