注意が必要な性病エイズ・バルトレックスで再発防止

エイズ啓発レッドリボン
HIV(ヒト免疫不全ウィルス)に感染してしまうと、人の免疫細胞に感染して侵食していき、次第に免疫力が低下していきます。
何も悪さをしないように見える潜伏期間が数年~10年以上ある場合もあります。
免疫力が低下してしまうと、普通ならばかからないような弱い病原菌にもかかるようになって、体が弱っていきます。
風邪をひきやすくなったり、インフルエンザのような症状が出ることもあります。
エイズが怖いのは、性交渉だけではなく、血液感染の危険性もあるということです。
そのため、エイズに感染している人とはカミソリなどを共有しないなど、生活上での注意が必要です。
普通に生活していれば感染リスクはほとんどありませんが、性交渉の回数が増えるほど感染リスクは高くなります。
潜伏期間でも性交渉や血液感染によって他人にうつってしまうことがあるので、注意しましょう。
また、女性がエイズにかかってしまった場合には、妊娠~出産の間に母子感染してしまう危険性もあります。
赤ちゃんは抵抗力が弱いので、肺炎、失明、奇形、死亡、などのリスクが高くなります。
また、不妊症の原因になることもあります。
オーラルセックスで注意が必要なのは、性器ヘルペスと口唇ヘルペスです。
口から性器、性器から口、のどちらの経路でも感染する可能性があります。
性器ヘルペスに対しては、バルトレックスという再発を防ぐ薬を使って治療していきます。
バルトレックスは、初期症状が現れたときに使うと効果が高い薬です。
ウィルスが増殖して数を増やすのを防ぐ効果があるので、早い段階で増殖を抑えられると治りも早いです。
バルトレックスはウィルスを退治することは出来ませんが、再発を防いで生活をサポートしてくれます。