感染症や老人性うつ病にも効果のあるバルトレックス

ウイルス感染
性器ヘルペスの治療薬として知られているバルトレックスは、症状を初期の段階から素早く治すことができるので愛用者も多く、性器ヘルペスの感染症や再発防止にも有効です。
ヘルペスウイルスのDNA組織に働きかけて増殖を防ぐので、単純ヘルペスを原因とした性器ヘルペス、口内炎、単純疱疹、帯状疱疹、水ぼうそうなどの感染症に高い効果を発揮します。
バルトレックスは表面的に痒みや炎症を抑える軟膏やクリームの薬と違ってウイルスが活動する神経内で作用するタイプの錠剤なので、老人性うつ病にも効果があるとされています。

老人性うつ病は主に神経機能が原因で発病します。
神経の働きが鈍る原因は脳の働き以外にウイルス性の要素が考えられます。
特にヘルペスウイルスは神経系にダメージを与えることで知られていて、感染すると一度治ったと思ってもすぐに再発したり、慢性化したりするので徹底的な治療が必要です。
ヘルペスウイルスは皮膚や体内の粘膜にブツブツや水ぶくれを作ります。
目に見える体の表面の皮膚だけでなく体の内側の臓器などの組織に広がってしまうと循環機能が低下したり、腫れによって呼吸困難を起こしたり心拍機能に影響が出るなど重い病気を引き起こす危険があります。
バルトレックスはこのような危険を初期段階で回避して素早くヘルペスウイルスを撃退し、再発を防止することができる有効な薬です。

バルトレックスはヘルペス治療薬の中でも副作用が少なく、錠剤なので飲みやすく携帯にも便利です。
決められた量を正しく飲み続ければ確実に抗ウイルス作用が期待できるので、ウイルス性の感染症や老人性うつ病として利用できます。
感染症の疑いがあったり神経に異常を感じたらバルトレックスで早めに対処しましょう。