性の乱れと感染症について

HIVの感染者が急増している日本
いま日本ではHIVの感染者が急増しています。
その背景には若者の性の乱れと感染症が結びつきます。
また感染症の中でもクラミジアにかかる人も増えています。
これらは主に性行為により感染するものですから、正しい知識を持ち感染しないようにする事と他人への感染を広めないということも大切なのです。

クラミジアも若い世代に感染者が多いことも事実です。
性に対する道徳心が薄れ性行為を軽く考えすぎていてはこのような事態を防ぐことは難しいはずです。

HIVもクラミジアも他人事の話だと無視するのではなく、とても身近にあるものだという認識も必要です。
残念ながらHIVは先進国でも日本だけが増加傾向にあります。
その原因にはやはり性の乱れが大きく関係しており、感染症に対する知識のなさも要因なのです。
また、クラミジアも人によっては症状がなかったり気づかないということもあるので知らず知らずに他人へ移しているということもあるのです。

ですから少しでも自分の体に異変があるときは検査をすすめます。
自分を守れるのは自分であり、他人を守れるのも自分です。
性行為による感染症へ対するただし知識を身につけることで、蔓延を防ぐことが出きますから他人事とは思わず1度検査を受けることも大切であり、早期発見にもつながります。